腹部ドック受けたことありますか?

死因の第1位は悪性新生物(ガン)です。

近年、男女ともに膵臓ガンが増えています。

 膵臓ガンだけでなく、自覚症状なく進行する病気は多数あります。

 

Canon製の1.5TMRIにて、腹部MRIを撮影します。

 

MRI検査は、肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などにとても優れた検査です。

胃や大腸など消化器系臓器は内視鏡(カメラ)の方が適しています。

 


肝臓癌

膵嚢胞

膵臓癌

 

近年、膵臓ガンが増えています。

膵臓ガンは症状が出てからでは手遅れになるケースが多いガンです。

 

できるだけ早期に発見するためには、症状が出る前にMRI検査を受けることが大切です。

 

このような方はご注意ください

・肥満、痩せすぎ、糖尿病などある方

・喫煙、飲酒をされる方

・運動不足、ストレスが多い方

・ご家族にガンなどの病歴がある方

・40歳以上で一度も腹部検査を受けたことがない方

 

 

 

上記に当てはまる方は、ご自身の健康管理のためにも、年一回の腹部ドックをおすすめします。