診療科

  内科・消化器内科・放射線科

診療時間

  午前    9:00 ~ 12:00

  午後  15:00 ~ 18:00

  休診日 土・日・祝日

住所

  新潟県上越市春日野1丁目14 - 11

電話番号

  025-521-0808

当院では、地域の皆さまとよりよい信頼関係を築き、貢献できるクリニックを目指しています。

そして、皆さまにとって身近な『かかりつけ医』でありたいと思っております。

 

当院にはクリニックには珍しいMRI装置があります。

他にも、超音波検査・内視鏡検査・骨密度検査など設備が充実しております。

 

皆さまに毎日を安心して過ごしていただくために、日々努力していきたいと思っております。

 


当院では今、脳ドック・腹部ドックをおすすめしております

患者様の多くは症状が出てから病院に行こうという方がほとんどです。

しかし、半身不随になってから助けてほしい、手遅れになってから助けてほしいでは遅いのです。

ホームページに脳ドック・腹部ドックのページがありますので、当てはまる方は検査を検討していただけたらと思います。

 

自分の体は自分自身だけのものではないのです。

家族を守るため、家族に迷惑をかけないため、それぞれの理由はあると思いますが健康でいることはとても大切なことだと思っております。

 

定期的なドックを受けて、毎日を安心して過ごしていただければと思います。

 


医院からのお知らせ

・かなざわ内科クリニックのホームページを開設しました。

関東地方を中心とした風疹の届出数が増加しています。

 現在、県内においても例年と比較し風疹の届出数が増加しています。

 県では、妊娠を希望する女性やその同居者を対象に、風疹抗体検査実施しております。

 

 感染症発生動向調査 → https://www.niid.go.jp

 風疹対策に関するリーフレット等 → https://www.mhlw.go.jp

 風疹に注意しましょう! → http://www.pref.niigata.lg.jp

 新潟県風疹抗体検査事業 → http://www.pref.niigata.lg.jp

 

・風疹に関するお知らせがあります。

 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に実施する

 風疹の抗体検査及び予防接種が実施されています。

 対象者には市からクーポン券が届き、無料で検査を行うことができますので、

 是非ご利用ください。

 

 詳細は→https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

 

・手足口病の報告数増加について

 厚生労働省から手足口病の患者報告数が過去10年で二番目に多い状況になっていると

 通知がありました。本県においても報告数が増加傾向にあり注意が必要な状況と

 なっています。

 

〇新潟県感染症情報(週報速報版)

http://www.pref.niigata.lg.jp/kenko/1232482573101.html

 

・妊娠を希望する女性などの風疹予防接種費用の助成

 妊娠への風疹の感染を予防し、まん延を防ぐためワクチン接種費用の助成があります。

 【条件】

 上越市内に住所があり、風疹抗体価が基準値未満の人(HI抗体価16倍以下、EIA価8.0未満)

 で、次のいずれかに該当する人。

 ①妊娠を希望する女性

 ②風疹抗体価が基準値未満である妊娠を希望する女性の夫、または同居者

 ③風疹抗体価が基準値未満である妊婦の夫、または同居者

 【期間】

 令和2年3月31日まで

 【費用】

 風疹単独ワクチン:1690円

 麻疹風疹混合ワクチン:2270円

 (生活保護世帯に属する人はいずれも無料)

 【回数】

 助成回数:1人1回(過去に市の助成を受けた人を除く)


インフォメーション

 ● 予防接種・特定検診等のお知らせ

 

 ⇒ 肺炎球菌の予防接種できます。

    上越市市役所:肺炎球菌接種について

     https:www.city.joetsu.niigata.lg.jp

 ⇒ 風疹抗体検査できます。

      上越市市役所:風疹抗体検査について

     https:www.city.joetsu.niigata.lg.jp

 



検査についてのご紹介


死因の第4位が脳血管疾患です。

しかし、寝たきりになる原因は脳疾患が一番多いのです。

動脈瘤や、血管狭窄などは、自覚症状なく進行していきます。

動脈瘤は破裂するとクモ膜下出血に、血管狭窄は脳梗塞の原因になります。

 

自覚症状が出る前に、早い段階で発見することが大切です。

ご自身の健康のためにも、一度は脳ドックを受けることをおすすめします。

詳しくはこちら 


死因の第1位は悪性新生物(ガン)です。

近年、男女ともに膵臓ガンが増えています。

 

膵臓ガンだけでなく、自覚症状なく進行する病気は多数あります。

血液検査で異常があった、40歳以上で一度も腹部の検査を受けたことがない方は注意が必要です。

 

 

症状が出てからでは手遅れになることもあります。

ご自身の健康のためにも、一度は腹部ドックを受けることをおすすめします。

詳しくはこちら


 

超音波検査(エコー)は超音波を対象物に当て、反響を映像化する検査です。

放射線を使わないので被爆はありません。

 

超音波検査は短時間で多くの情報を得ることができます。

超音波検査について詳しくはこちら



内視鏡検査(胃カメラ)は口か、鼻から細いスコープを挿入して、食道から胃の中まで見ることができます。

 

タバコ吸いますか?食生活大丈夫ですか?

腹痛や不快感、胸やけ、げっぷ多くありませんか?

胃カメラについて詳しくはこちら


動脈硬化とは動脈の血管壁が老化し硬くなるだけでなく、血管の内側に脂肪の塊がこびりついて血行が悪くなり、血液がつまりやすくなる状態です。

 

動脈硬化は症状なく進行します。

動脈硬化が引き起こす病気とは

詳しくはこちら


骨密度検査では、その名の通り骨の密度を計測します。

骨密度が減少すると骨がスカスカになり骨折しやすくなります。

 

骨密度が減少することで起こる結末は…

詳しくはこちら



乳房検査受けたことありますか?

当院の乳房検査はMRIで行うため、レントゲンのように痛みはありません。

検査時間が30分~1時間ほどかかり、費用もレントゲンよりはかかります。

しかし、病変の検出にはとても優れています。

 

乳がんは気付いたときには進行していて、手遅れになることもあります。詳しくはこちら


AGAを知ってますか?

AGAとは『男性型脱毛症』の意味です。

AGAは進行性の脱毛症のため、放っておくと徐々に薄毛が目立ってきます。

最近では20歳代のAGAも増加傾向にあります。

 

 

最近髪の毛が薄くなってきたと思っていませんか?詳しくはこちら


EDを知ってますか?

EDとは日本語で『勃起不全』の意味です。

完全に勃起しない症状だけでなく、勃起まで時間がかかる、中折れする、萎えてしまうといった症状もEDの可能性があります。

 

EDは高齢者だけの問題ではありません。

最近、思い当たることありませんか?

詳しくはこちら



MCI(経度認知障害)を知ってますか?

MCIは認知症の前段階です。

今、何しようとしたか忘れませんか?

道を間違えたり、約束を忘れたりしませんか?

MCIは、適切な予防を行わずに過ごすと、5年で半数以上の方が認知症に進行すると言われています。

 

最近物忘れが気になる方は検査を受けることによって、認知症を早期に発見し予防できるかもしれません。詳しくはこちら

禁煙、始めてみませんか?

タバコが体に悪いことはみなさんご存知だと思います。でも……わかっていてもやめられないのがタバコです。

しかしタバコは肺ガンをはじめ、他のガンを引き起こす原因になります。

あなた自身だけでなく、家族にも影響を与える可能性があります。

 

医師に管理・指示されることによって、自分への甘さを出すことなくやめることができるかもしれません。詳しくはこちら