ED (勃起不全) って知ってますか?

完全に勃起しないだけでなく、勃起まで時間がかかる、中折れ、萎えるもEDの可能性があります。

EDは高齢者だけの問題ではありません。

日本人で40歳以上の4人に1人、60歳代では2人に1人がED症状があると言われています。

そして、ED(勃起不全)は病気を知らせる最初のサインとも言われます。

【EDとは】

 

EDとは『勃起障害』や『勃起不全』という意味です。

 

勃起障害:一時的に勃たない状態

勃起不全:完全に勃たない状態

 

満足に性行為ができないということがEDに当てはまります。


 

【EDの原因】

 

①心理的なストレスやプレッシャーがある心因性ED

心因性EDには、『現実心因性ED』と『深層心因性ED』があります。

 

・現実心因性ED:日常でのストレスが原因

(仕事や疲労、子作りへのプレッシャーなど)

 

・深層心因性ED:心の奥深くに潜んだストレスが原因

(幼児期の体験、性的トラウマ、コンプレックスなど)

 

②血管や神経に障害のある器質性ED

 

器質性EDは、身体になんらかの問題があり、機能が低下したり、物理的に勃起が阻害されていることです。

 

原因は様々ですが、加齢・生活習慣病により血管や神経が障害を受けるものや、脳疾患により脳からの信号が陰茎まで伝わらない、事故などにより神経や血管に損傷を受けた場合が考えられます。

 

そして、泌尿器系の病気、加齢やストレス、喫煙、飲酒などで、男性ホルモンの分泌低下(男性更年期障害)が挙げられます。

 

③ストレスと血管や神経に障害がある混在性ED

 

心因性EDと器質性EDの二つを併せ持つ『混合性ED』というものがあります。

 

神経や血管に障害があり器質性EDを起こし、その勃たないかもという不安から心因性EDを引き起こしてしまうEDのこと。

 

④特定の薬剤を服用している薬剤性ED

 

特定の薬剤を服用していることでEDになることを、薬剤性EDと言います。

 

若い年代:精神安定剤、抗うつ薬、睡眠薬を服用している人

高齢者は:降圧剤、高脂血症治療薬、胃潰瘍治療薬を長期に服用している人

 

上記の薬を服用している人が、薬の副作用によってEDを引き起こしている可能性があります。

 


【ED患者数と年齢】

 

2000年に行われた全国30~79歳既婚男女3854人を対象としたEDアンケートでは、29.9%の男性が『EDの自覚あり』と回答した。

 

現在のED患者数の割合はさらに増えており、現在の患者数は1800万人にもなると言われている。

 

ED患者数を年代別に見てみると50歳以降に増加する傾向にありますが、30~40代にも一定数いるのがわかります。

 

 

【 ED(勃起不全)は病気を知らせる最初のサインとも言われます 】

 

EDの1つである器質性EDには動脈硬化が原因に含まれています。

ペニスの動脈は直径1~2mm、心臓の動脈は3~4mm、脳の動脈は5~7mm

とペニスが一番細いのがわかります。

 

ペニスに影響が出るということは、次に心臓、その次に脳に影響が出るということです。

 

EDは心と体、両方に関係があるため、何か異常を感じたら医師に相談することをおすすめします。