乳房検査、受けたことありますか?

乳ガンは、日本女性がかかるガンの中で一番多いのです。

生涯のうちに乳ガンになる女性の割合は、11人に1人と言われています。

しこりや、痛みを感じてからでは手遅れになることも…。

 

症状が出る前に早期発見できれば、命だけでなく乳房も失わずにすむかもしれません。

【 日本女性に増え続けている乳ガンについて 】

 

乳ガンの患者数が年々増えています。

 

乳ガンは日本女性がかかるガンの中でも割合が1番多く、死亡率も増加傾向にあります。

 

現在、11人に1人が乳ガンと言われており、年間6万人以上の方が乳ガンと診断されています。

そして、年間1万3000人の方が乳ガンで亡くなっています。

これは乳ガンと診断された方の約30%にあたります。

【 年齢別の乳ガンの割合 】

 

乳ガンの罹患率は30歳代後半から増加し始め、40歳代後半から50歳代前半でピークになります。

そして、閉経後の60歳代前半で再びピークを迎える傾向があります。

 

【 乳ガンが増加している原因 】

 

日本人女性に乳ガンが増加した理由として食生活の欧米化や、女性の社会進出があると考えられます。

 

食生活の欧米化 : 高タンパク・高脂肪の食事 ⇒ 肥満

女性の社会進出 : ストレス ⇒ タバコ・飲酒

 


乳房MRI検査について

当院ではレントゲンではなく、MRIにて乳房検査を行っております。

 

マンモグラフィー(レントゲン)のように乳房を潰して撮影するのではなく、ベッドにうつ伏せで寝ていただき撮影します。

 

レントゲンと比較すると、時間と費用はかかりますが、痛みはなく病変の検出能力はとても優れています。


乳房MRI

欧米では、乳房MRIが乳ガンの検出に有用であることを早くから認識し、これまで多数の報告があります。

 

【 国内での単一施設での乳ガンの検出率 】

 

 ・マンモグラフィー(レントゲン):50%

 ・超音波検査:67%

 ・マンモグラフィーと超音波検査:78%

 ・乳房MRI:100%

 

参考文献:乳癌の検出についてのメタアナリシス →PubMed